Flyer Production-Printing Store

フライヤー印刷は専門業者に頼もう|コストダウンを図れる

販促効果の高いフライヤー

キャッチコピーが大事

印刷機

販促効果の高いフライヤー印刷は、消費者が手に取りやすい厚みのある印刷用紙にするのがコツと言えます。
さらに用紙サイズもコンパクトなA5やA6が良く、これは配られた人が手に取りやすかったりバッグに仕舞いやすかったりするからです。
フライヤー印刷に推奨されているのは、上質紙やマットコート紙やミラーコート紙などです。
高級感を表現するのなら艶のあるミラーコート紙、堅実な企業イメージを訴えかけたいならマットコート紙、という感じに、消費者に何を訴えかけたいのかによって最適な印刷用紙は変わってきます。
フライヤー印刷は紙がコンパクトサイズのため、掲載できる情報量が多くありません。
フライヤーをじっくり読もうと考える消費者はわずかです。
見やすい、読みやすい、ぱっと見て情報が分かるレイアウトを心がけましょう。
さらに興味を引くキャッチコピーを大きく載せると効果的で、第一印象で「これは何のフライヤーだろう」と感じさせられれば成功です。
それから、カラーでフライヤー印刷をするときは、その季節に適した色合いを心がけると消費者の目に留まりやすくなります。
夏であれば寒色系、冬であれば暖色系の方がベストです。
しかし、暖色系ばかりに捕われすぎて単調なフライヤーになってしまうのも問題です。
セールのフライヤーに良く使われるのが、赤と白ですが、赤は購買意欲を駆り立てる色として知られています。
こうした色の効果についても考えて作るといいでしょう。

目的に合わせよう

メンズ

商品などを知らせるために、チラシを作ることがありますが、このチラシの一種と考えられているのが、フライヤーです。
英語圏ではチラシのことを、フライヤーと言いますが、日本では映画館や美術館においている、展示物などを知らせるために使われるものを、言うことが多いのです。
よってチラシよりもA4サイズになっているケースが多く、また専用のラックに収めていることから、厚めの紙で作成されていることが多いのです。
もちろん本来のチラシ目的でも使えますので、自社の製品やイベントの告知のために、この大きさの紙に印刷しても良いわけです。
さてこのフライヤーを作成する場合には、やはり印刷会社にお願いすることが多いのですが、フライヤー印刷も同じように対応してくれます。
もちろんフライヤー印刷時には、厚手の紙を使いますので、そういった紙を準備してもらい、印刷してもらうわけです。
印刷業者には、テスト用の用紙もおいていますので、紙質が気になるのであれば、事前に見せてもらっても良いのです。
またフライヤー印刷といっても、その価格はそんなに高くはなく、インターネット経由で依頼すれば、かなり安価に印刷してくれるのです。
フライヤーといっても、少数からかなりの数まで、印刷対応してくれますので、目的に合わせて依頼してみると良いです。
このようにフライヤー印刷は、その目的に合わせて、紙質を選ぶことができ、インターネットなどを経由して、気軽に依頼することができるのです。

新サービスに力を入れて

広告

ネットでフライヤー印刷を発注するのが一般化しています。
この業務を先駆けて始めた印刷サービス会社では、フライヤーのデザインから印刷、ポスティングまでと、一貫したサービスを提供しています。
こうしたサービスは多くの企業でも浸透しており、より気軽にフライヤー印刷が出来るようになりました。
しかし、どこも同じようなサービス内容では生き残りが難しい業界です。
各社ではしのぎを削って、新サービスの開発に力を入れています。
例えば、24時間問い合わせ可能なコールセンターの設置は、他のサービス業界でも当たり前になりつつあるサービスです。
ネットでのフライヤー印刷だと人と話し合うことがなく、希望がしっかりと伝わっているか不安になることもありますが、いつでも問い合わせができるのは安心です。
それから、多くの印刷サービス会社では無料の印刷用テンプレートを用意しているので、手軽にデザインしてフライヤー印刷を発注できます。
中にはクラウドストレージを使える印刷サービス会社もあり、これは社内でデータ管理や共有するのに便利です。
また、そのまま印刷サービス会社に発注することもできます。
きめ細かいオプションサービスには、データの校正や画像処理などが例として挙げられます。
データ作りが不慣れな方も、プロの手直しがあることで安心してフライヤー印刷できます。
さらに用紙への印刷だけでなく、ウェア印刷やノベルティ等の印刷なども行っているため、フライヤー印刷と合わせた販促効果を模索することも可能です。

形式を選択します

チラシ

フライヤー印刷は、まずはどのような形式にするかを決めます。次に、デザインを考えます。そして、用紙の大きさや枚数、納期などを指定します。その後、支払いとなります。 インターネットでの発注は、納期に時間がかかることもあります。

もっと読む

販促効果の高いフライヤー

印刷機

フライヤーが消費者に読まれることは滅多にないと考えて、レイアウトを考えましょう。フライヤー印刷に適した紙とサイズ、色合いに気をつけ、内容は情報を絞り、分かりやすさを心がけます。内容まで読みたくなるキャッチコピーを付けると効果的です。

もっと読む

デザインの作成から

CMYK

広告宣伝用のフライヤー印刷は、原稿作成の段階から印刷会社に依頼できます。料金は片面2万円が相場で、もちろん気に入るデザインになるまで修正を依頼できます。印刷料金は、部数が多いほど安くなります。たとえば1万部の場合、フルカラー印刷でも1枚1円前後となるのです。

もっと読む