Flyer Production-Printing Store

フライヤー印刷は専門業者に頼もう|コストダウンを図れる

形式を選択します

加工オプションもあります

チラシ

フライヤー印刷を業者に依頼するときには、まず、どのような形式にするかを決めます。
形式にはさまざまな種類があります。
一つは案内状です。
お客様に配るための案内状を作成するときには案内状形式を選択します。
平らに印刷することはもちろん、折り目をつけてパンフレットのようにすることもできます。
 また、イベントの告知などにはイベントフライヤーという形式を選択します。
フライヤー印刷に加工することも可能で、ミシン目を入れる加工や番号を連番で入れる加工などができます。
番号を入れる加工は、チケットやポイントカードを作成する場合には便利です。
 そして、メニュー表を作成する、会社案内を作るという形式もあります。
用紙の厚さが自由に選べたり、光沢のある仕上がりにできたりもします。
 フライヤー印刷の形式を選択したら、デザインを考えます。
自分で考えたものをそのまま印刷してもらうこともできますが、デザインも依頼することが可能です。
デザイナーと相談しながら作成します。
 その後は、用紙の大きさや厚さ、インクの色、枚数などを指定します。
また、希望する納期の日数を指定することもできます。
インターネットで発注した場合は、日数がかかるおそれもあるため、時間に余裕をもって注文すると安心です。
 料金はフライヤー印刷の枚数や加工オプションの内容などによって異なります。
印刷する前に見積金額を確認しておきます。
支払いは銀行やクレジットカード払いなどが選択できます。

手間なくスムーズに注文

色見本

フライヤー印刷を行うのは、商業印刷会社の中でも宣伝用印刷を行っている会社です。
ほとんどが中小企業で、中には零細企業もあります。
業績を伸ばしているのが、自分達の事業や強み、弱みを明確にしており、消費者から見ても分かりやすい企業です。
一昔前まで印刷工程作業はデザインから製版まで、各仕事を専門にする業者によって行われていました。
しかし、近年では印刷技術の革新によりデジタル化が進み、多くの作業をコンピュータで行う時代になっています。
ですから、ネット印刷が主流になるのは当然の流れと考えられます。
1社でフライヤー印刷が完結できることやインターネットでオーダーできるようになったのは、消費者としても大きなメリットです。
多くのネットショッピング同様、低価格で利用できます。
なぜ大きくフライヤー印刷価格が下げられたのかと言うと、営業マンの人件費が不要になったためです。
元来フライヤー印刷の注文を受けたり納期の相談をしたりしていた営業マンは、24時間できるネット注文に取って代わられたのです。
営業マンとのやり取りを挟まないネット注文は納期も早いのが特徴で、最短で1日で仕上がることもあります。
ネット印刷を行う印刷会社には、自社で印刷機を持っていないところも少なくないです。
大量のオーダーを受ける場合は大型の印刷機が必要になりますが、大変高額になり、元を取れるか分かりません。
ですから小さな印刷会社では、大型印刷機を持っている印刷会社と提携している場合が多いです。

ネット印刷の仕組み

フライヤー

できるだけ販促費を削減したいのは、どこの会社でも同じです。
同じ品質でフライヤー印刷できるのなら、低価格の業者を選びたいと思うのではないでしょうか。
近年印刷業界ではベンチャー企業や中小企業が中心となって、ネット印刷を展開しています。
ネット印刷でのフライヤー印刷は、ネットで用紙や枚数、納期などを選択してオーダーする仕組みです。
多くのネットショッピングは人件費に経費をかける必要がなく、一部では在庫を抱えないという理由から、一般店舗で購入するよりも低価格になっています。
これはネット印刷におけるフライヤー印刷にも同じことが言えます。
ネット印刷は、営業の人を通さないので時間の短縮が可能で、なおかつ大きな印刷機を所有している印刷会社に注文を委託することで、コスト削減ができるのです。
印刷会社が委託されたフライヤー印刷は、基本的に非稼働時間が使われるため、どちらの会社としてもメリットになっています。
高い品質の印刷機が使われるため、フライヤーの品質も安心です。
ネット印刷では少ない部数から受け付けていますが、部数が多くなるほどお得になります。
また、納期が遅くても良い場合はさらにお得になるという取り組みを行っている業者もあるため、時間にゆとりを持たせて注文するといいでしょう。
印刷会社の中には、デザインからポスティングまで対応しているところもあります。
印刷代がネットオーダーで浮いた分、デザインしたりポスティングしたりする手間を買う、ということも可能です。

形式を選択します

チラシ

フライヤー印刷は、まずはどのような形式にするかを決めます。次に、デザインを考えます。そして、用紙の大きさや枚数、納期などを指定します。その後、支払いとなります。 インターネットでの発注は、納期に時間がかかることもあります。

もっと読む

販促効果の高いフライヤー

印刷機

フライヤーが消費者に読まれることは滅多にないと考えて、レイアウトを考えましょう。フライヤー印刷に適した紙とサイズ、色合いに気をつけ、内容は情報を絞り、分かりやすさを心がけます。内容まで読みたくなるキャッチコピーを付けると効果的です。

もっと読む

デザインの作成から

CMYK

広告宣伝用のフライヤー印刷は、原稿作成の段階から印刷会社に依頼できます。料金は片面2万円が相場で、もちろん気に入るデザインになるまで修正を依頼できます。印刷料金は、部数が多いほど安くなります。たとえば1万部の場合、フルカラー印刷でも1枚1円前後となるのです。

もっと読む