Flyer Production-Printing Store

フライヤー印刷は専門業者に頼もう|コストダウンを図れる

情報をしっかりと伝える

一貫して依頼する

フライヤー

フライヤーを作成するために重要なことは、人が内容に興味を持ち、手に取って持って帰るようにすることです。
一般的には、そのようなフライヤーを作成して印刷をすることをフライヤー印刷といいます。
フライヤー印刷は、新聞の折り込みチラシなどのサイズに比べると小さな印刷物、例えばA6サイズやA5サイズなどの大きさの物に向いている印刷方法です。
 フライヤー印刷をする方法は、まずフライヤーの目的を考えます。
フライヤー印刷は、店舗などにフライヤーを置き、多くのお客様に見てもらいたいような場合に有効です。
新聞に折り込み広告として使用する場合には、チラシ印刷がおすすめです。
そして次に、デザインを考えます。
フライヤーを見てすぐに情報が伝わるように工夫することが大切です。
本当に伝えたいことを短い言葉やイラスト、写真などを用いて表現します。
より質の高いフライヤーを望むのであれば、デザインもプロに依頼すると安心です。
カラーや写真配置、文字の読みやすさなどの体裁を整えて作成してもらえます。
イメージするフライヤーを細かく説明すれば、納得のいく仕上がりが期待できます。
そして、印刷する用紙の質や厚さなどを選択して、印刷となります。
 インターネットで業者に依頼すると、金額が安く済む場合もあります。
これは、店舗を持たないことで、人件費が抑えられているためです。
また、自社で受注から印刷、配送までを一貫して行うことでも、金額を安くできています。

用紙や納期の指定も可能

印刷物

フライヤーとはコンパクトサイズのチラシのことで、これは小さいからこそ、作成を印刷の専門業者に任せることが肝心となっています。
というのも個人でフライヤー印刷をする場合、4枚または8枚並べた状態の原稿を作り、それを大きめの用紙に印刷してから、4分割や8分割にすることになるからです。
小さな用紙から1枚ずつフライヤー印刷をすることも可能ですが、コストが多くかかる上に、紙詰まりなどのリスクも高くなります。
そのため、節約や資源の無駄遣いの回避のためには、大きく印刷してからカットする必要があるわけです。
しかし業者に依頼すれば、こういった手間暇をかけずに済みます。
しかも依頼する部数によっては、1枚あたりのコストが個人でのフライヤー印刷よりも安くなります。
具体的には、5万枚以上の印刷を依頼する場合は、1枚あたり0.5円ほどになることが多いのです。
さらに業者には、高品質な用紙へのフライヤー印刷も依頼できます。
たとえばツヤのあるマットコート紙やキャストコート紙などで、これらを使用すると、フライヤーはより美しく仕上がります。
その分人に見てもらえる可能性が高くなりますし、逆に捨てられる可能性は低くなるのです。
加えて、印刷の時期や納期を自由に指定できるというメリットもあります。
個人で印刷した場合、配布の時期まで保管しておく必要があり、部数が多いほど室内の空間は圧迫されます。
しかし業者に依頼した場合は、必要となる時期に、よりコンパクトになるよう包装した上で、配送してもらえるのです。

料金が安いところがお勧め

男の人

フライヤー印刷業者はたくさんあるので、インターネットで探してみましょう。
探し方としては納期の早いところがお勧めです。
特に、急いで作ってもらいたいという時に助かります。
最近のフライヤー印刷業者は、発注したその日のうちに印刷をして、その日のうちに発送してくれることもあるので大助かりです。
場所によっては翌日に納品してもらえることになるからです。
今日思い立って明日には配布できるようにしたいという時にでも、断然、これなら間に合います。
それから、料金も確認しておきましょう。
当然、少しでも安い料金の業者がお勧めです。
フライヤー印刷業者は競争が激しくなってきていることもあり、どんどん激安になってきています。
じっくりと比較してみれば、もっと安い料金の業者を見つけられるかもしれません。
発注にそれほど急いでいないのなら、少し時間をかけてじっくりと比較してみましょう。
また、たくさん枚数を印刷した方がお得になることもあります。
業者にとって枚数が多くても少なくても、大して手間はかからないからです。
多い方が業者としてもやりがいを感じられます。
発注するのなら、最低でも100枚以上と指定されることがあるので、枚数は事前に確認しておきましょう。
あとは対応の良さを若干気にする程度にしておきます。
これで、万全なフライヤー印刷業者を探せるはずです。
もちろん、完成品に満足できるような業者を選ぶことが一番です。
評判についても調べておきましょう。

形式を選択します

チラシ

フライヤー印刷は、まずはどのような形式にするかを決めます。次に、デザインを考えます。そして、用紙の大きさや枚数、納期などを指定します。その後、支払いとなります。 インターネットでの発注は、納期に時間がかかることもあります。

もっと読む

販促効果の高いフライヤー

印刷機

フライヤーが消費者に読まれることは滅多にないと考えて、レイアウトを考えましょう。フライヤー印刷に適した紙とサイズ、色合いに気をつけ、内容は情報を絞り、分かりやすさを心がけます。内容まで読みたくなるキャッチコピーを付けると効果的です。

もっと読む

デザインの作成から

CMYK

広告宣伝用のフライヤー印刷は、原稿作成の段階から印刷会社に依頼できます。料金は片面2万円が相場で、もちろん気に入るデザインになるまで修正を依頼できます。印刷料金は、部数が多いほど安くなります。たとえば1万部の場合、フルカラー印刷でも1枚1円前後となるのです。

もっと読む